2006年08月30日

東海道中犬栗毛 其の壱



ようやく夏休みがとれて帰省することになったのだが、今回は大変でした。
なぜなら愛しいアルファロメオ164が春先に壊れてしまい、移動手段がない!!
でも犬も実家に帰るのは楽しみにしている。
もちろんホテルに預ける気はない。
結論として、犬4匹とともに電車で実家のある静岡まで移動するしかない!!!
よし、新しく買ったカートの出番だ!!
1回しか使ってないからちょっと不安だけど行くぜ犬(足)

私の実家は静岡県静岡市・・旧清水市にある。
(市町村の統廃合で市が吸収合併されてしまった)
田舎とはいえ東京から近いのは助かるねえ。
当初1日2便しかない特急列車『東海1号』に乗ろうと考えていました。
東京駅から清水駅まで乗り換えなしで行けるし、空いているんです。
だから早朝から準備をしていましたが、不覚にも途中で居眠り。
東京駅発AM7:18電車
起きたのは7:00。ありゃ失敗顔(汗)
気を取り直して新幹線にスイッチ地下鉄
ラッキーな事に、ちょうど良い時間に『ひかり』があった!!
なぜラッキーかというと静岡駅に停車するひかりは1時間に1本しかないんです。
早朝という事もあって、みんな眠そうでおとなしかった。よかった顔(ペロッ)
ひかりに乗る事1時間で静岡駅に到着。
そこから在来線に乗り換えて3つ目。
清水駅。

さてさて、このようにして丸ノ内線〜東海道新幹線〜東海道線と乗り継いだ
2時間ほどの小旅行は、無事終了、、、かに思えた。。。。
しかし新しいカートが大きくて、迎えに来てくれた父親の軽自動車に乗らない!
折り畳もうとするんだけど、うまく折り畳めない。
仕方なく後部座席を倒して、途中までカートをたたんでどうにか搭載できました!!
そらもねさん、折りたたみにくいから改善してくれ。

そんなこんなんあったけど、無事に実家に到着。
出迎えてくれたのは、犬の集団。
ピノ。チャオ。ペック。
みんな元気だね。
会いたかったあ顔(笑) 
                     つづく

早朝の一木通りで一枚。
これから旅だよ。。
IMGP5528.JPG


エスカレーターを降りたら、赤坂見附駅だ。
IMGP5529.JPG


丸ノ内線赤坂見附駅ホームでパチリ。
撮影用なので、撮影前後はフタを閉じてます。
IMGP5531.JPG


こんな状態で新幹線乗車。
座席には座れないなあ。
私はカートの横で地べたに座り、本を読んでいました。
1時間だからあっという間だね。
でも何か損した気分。座席に座りたかったよ。
IMGP5533.JPG


静岡駅到着!!
駅員に見つからないうちに撮影だ!!
IMGP5534.JPG


無事にJR清水駅到着。
みんなお疲れさまだったね。
IMGP5539.JPG

ニックネーム シュウ at 21:22| Comment(10) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

完結編

病院で一回目のワクチン接種を済ませ、子犬の貰い先も決まりました。
白くて一番大きくな子がRITAさんの知り合いのご夫婦のご家庭、三男が実家、次男の茶色い子がわが家に残留。
長男の名前はダイくん。次男チャオ、三男ペック。
最初の婿入りはダイくん。
悲しいというよりも、ほっとした気分でした。
何か役目を果たしたような。
ご夫婦とは事前にお会いしていたし、不安や心配はありませんでした。
お会いして、こちらならぜったいに幸せになれるって思えました。
最近は会っていないけど、噂で幸せな様を聞いています。

さて残る次男チャオ三男ペックは、
以前にも書きましたが私の実家で元気に暮らしています。
犬嫌いだった先住犬のピノも
今では一緒に遊んだり、3匹一緒に寝ているそうです。

ウチの両親の年齢は70歳を越えています。
チャオとペックを引き取る時の条件が、自分たちが亡くなったり、
世話を出来ない状況になった時に、私を含め子供達の誰かが責任をもって
3匹を引き取ると言うことでした。
縁起でもないと思いましたが、私はその約束をきちんと受け止めました。
私は3人兄弟で、姉、兄、私の順番ですが、
姉夫婦はペット不可の賃貸マンションだし、兄はペットを飼える状態ではないし、
3匹を引き取れるのは事実上私しかいません。
だから私が責任をもちます。

そんなことよりも、これからも実家に帰って犬7匹で楽しく遊んで行きたいです。

ここが君たちの新しい家だよ。
ってもう落ち着いてるねえ。
IMGP1987.JPG


左チャオ 右ダイ
アンナ母さんの胴輪をいたずら中。
IMGP1988.JPG


もう少しでお別れだ。
IMGP2020.JPG

ニックネーム シュウ at 13:40| Comment(18) | TrackBack(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

つづき2

4月18日 長男220グラム 次男180グラム 三男172グラム。
4月28日 長男535グラム 次男470グラム 三男430グラム。
わずか10日間で体重が倍!
アンナとモコの二人のお母さんと、セイパパとしゅうじいちゃんの愛情に囲まれて、
すくすく育っているとはいえ、こんなにも急激に大きくなって行くんだな、
生命力ってすごいと思いました。
でも体は大きくなっても、目はなかなか開きません。
くにママさんから、(記憶が定かではありませんが)2週間くらいで目が開きますって
教えていただいたような気がしましたが、2週間過ぎてもなかなか目が開かなくて
毎日ドキドキ、ヤキモキしたのを覚えています。
あっ、そう言えば、くにママさんから『目が開いたら、その後はまた大変ですよ。』
ってアドバイスをいただいてました。
もちろん、その時は意味がわかりませんでしたけど(笑)

目が開かない事が気になっていたある日、
お昼休みに家に帰って、箱をのぞくと、、、うっすらと、冬眠から目が覚めた
クマの寝起きのように、微妙に一人の子が目を開けていました。
おー!!
一人で声を上げてしまいました!
その日から、毎日一人ずつ目を開けていき、一安心!!
よかったあ!!
それまで、なんだか異性物っぽかった赤ちゃん達が、
目が開くと、とつぜん犬っぽい感じになりました。

もちろんそれまでも可愛かったけど、目が開くと可愛さが数百倍!!
もーかわいくてかわいくて仕方がない!!!!!

・・・なんて思っていたのも束の間。

動けるようになった子犬は、天使の顔で悪魔の所業を繰り返すのです。
その時、アンナとモコが入れ替わりに子犬の世話をしていたので、
サークルの一部を解放していたのですが、チビッコなのに、
箱を乗り越え、サークルのすき間から脱走して、家具の影に入り込んでいなくなったり、
赤ちゃんの柔らかいウンチをそこら中にばらまいたり、
大事故ではないけど、小さな事故が毎日起きているような感じでした。
その時に、これか、くにママさんが言っていた事の意味は!
と遅まきながら気がつきました。

いやあイタズラも多かったけど、この時期は本当に可愛い!!!!
毎日帰ると、大きい子が4匹、小さな子が3匹で迎えてくれるんですよ!!
もー時が止まってほしいと思いました。

まだまだ赤ちゃん。
IMGP1924.JPG


そんなに変化ないかな?
IMGP1922.JPG


見て下さい。まるまる肥えてます。
IMGP1936.JPG


じょじょに動く範囲が大きくなってきました。
IMGP1937.JPG


そろそろ目が開く時期なんだけどなあ。。。
IMGP1956.JPG


ついに、目が開きましたーーーー!
IMGP1919.JPG

もー毎日毎日、幸せ!
IMGP1957.JPG
ニックネーム シュウ at 22:54| Comment(12) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

つづき

小さな体で頑張ったアンナには、本当に感謝です。
私は入院するものだと思っていたのですが、そのまま帰って子供と一緒にいさせてと言われ、
アンナと子供4匹、私とMさんで私のマンションまで帰って来ました。
ミルクを飲ませるように、お湯を沸かしたり、2時間おきだったかな?ミルクをあげたり、
その晩は大変でした。本当にMさんとRITAさんのお手伝いがなければ、ぶっ倒れいていたでしょう。夜が明け、MさんとRITAさんは一時帰宅する事になりました。
その日は4月とはいえまだまだ寒さが残っていました。
うまくミルクを飲めなかった女の子が、うごめく他の子の間で冷たくなっていました。
もう少し、あたたかくしていれば違ったのかもしれません。
すべて初めてづくしだったとはいえ、無念でなりません。
しかも待望の女の子だったのに。

東京では彼女を埋葬する場所がなかったので、母が帰る日まで箱にいれておいて、
実家で埋葬する事になりました。その時、何故か駆けつけた横浜に住む兄が、
亡くなった女の子と母を車で実家まで送ってくれました。
今は実家の庭に安らかに眠っています。


しかし、その後はもう怒濤の日々で私自身あまり記憶がありません。
ビデオに残してある映像を見ると、断片的に思い出しますが、
それだけ必死な日々だったんだと思います。
母は慣れない東京で犬の世話と、私の食事を作ってくれました。
残った3匹は、もの凄い勢いでスクスク育っていきました。
長男は白くて大きい子、二番目は茶色い子、三番目は一回り体の小さな子。

彼らが成長するにつれ、困った事が起きました。
そう、アンナがあまり子供の世話をしないのです。
育児放棄をする母犬はけっこういるとくにママさんにも聞いていたけど、
アンナがそうなるとは思ってもいませんでした。

しかし、わが家は多頭飼い家庭。
気がつくと、子犬の顔を舐め、お尻を舐めてうんちやおしっこの世話をしていたのは、
一番甘えん坊で、一番幼かった『モコ』でした。
モコ母さんは実に働き者で、実母のアンナを追い出し、おっぱいをあげる時以外は
ずっと子犬に寄り添って彼らの面倒をみたのでした。
その母親ぶりたるや堂々としたものでした。
人間の力ではどうにもならない母性を、モコは本能で発揮し、彼らに伝えたのでした。。。
                            つづく(長くてすみません)
元気に動く3匹。
IMGP1918.JPG


母性の強いモコちゃん。
IMGP2026.JPG

ニックネーム シュウ at 20:35| Comment(17) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年4月17日

アンナの出産
もうあれから1年以上経つなんて。あっという間でした。
飼い主の不注意ではありますが、生理用のオムツが食い破られ、
セイとアンナがずっとべったり一緒にいるようになり、
アンナに近づくしゅうに対して攻撃を仕掛けるようになった。
これは、交尾したんだな。と覚悟を決め、出産させる事にしました。
次の生理で、と考えていたので半年早いけど、まあ頑張ろう!となった。
IMGP1854.JPG


セイ4.5に対してアンナは3.0キロ。
医者から、おそらく帝王切開になるね、と言われた。
それからが、まあ大変。
私の住む周りの動物病院では、帝王切開に対応してくれない事が判明。
10カ所以上、電話やメールで問い合わせた。
素晴らしく良い病院だと評判の、広尾にある動物病院に行くと帝王切開はOKとのこと。
しかし、見積りみてビックリ!くにママさんから聞いていた金額のおよそ5倍!!
確かに設備も素晴らしいし、腕も良いんだろうが、私のような庶民には手が届かない。
そういや、診察代もえらい高かった。
心身ともに疲れきって、赤坂にある有名病院に電話。
すると状況を聞いて、お説教が始まり、4匹すべてを去勢、避妊手術をしてからだ、とか
気持ちはわかるが、大きなお世話な話になり、けっきょく帝王切開をしてもらえるのか
答えてくれなかったので、電話終了。更に疲れた。
急がねば!
と思っていたら、メールで問い合わせていた病院から返信があり、手術代も10万円ほどだとのこと。翌日さっそく連れて行くと、先生はトボケた雰囲気だけど、他の女性の獣医師さんたちも優しくていい感じ。もう即決。
それからは、毎日ドキドキハラハラの日々。
犬の体温は38〜39度。それよりも下がったら出産体勢に入ったと思って下さい、と言われたので、1日何度も何度も体温を計り、それから10日ほどしてついにその時が来ました。
何度計っても37度くらい。明け方でしたが、先生の携帯に電話してしまいました。
今考えると偉い迷惑な飼い主だったと思います。
またアンナはよく出来た子で、出産体勢に入ったのが土曜日でした。
おかげで私は、つきっきりで看病する事ができたのです。
日曜日のお昼くらいに病院に連れて行き、その夜出産しました。
3男1女。

でも幸せな事ばかりではありません。
たった一人の女の子が、一晩で死んでしまいました。
一人暮らしでは、乳飲み子を育てることは出来ないので、実家から母に出てきてもらった。
10日くらいいてくれて、すごく助かった。  つづく・・・

IMGP1881.JPG


IMGP1883.JPG


ニックネーム シュウ at 08:15| Comment(6) | TrackBack(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

氷川神社

赤坂には多くの神社があって、都心のど真ん中にあるわりに贅沢な広い土地があったりします。あまり人が来ない場所もあるので犬の散歩にはもってこいです。
今日来たのは、氷川神社。
大きな木がいっぱいあってとても赤坂とは思えません。
ただ、地面が土なので、犬はすごく汚れます。
だから風呂に入れる日でないと、なかなか遊びに行けません。
今日はお風呂の日だから、いっぱい遊んどけ!!

大きな木の下で、おしっこタイム。
ご神体かもしれないけど、犬のやることですから許してやってください。
IMGP5478.JPG


走れ走れ!!
IMGP5480.JPG


みんな並んでお散歩です。
仲いいねみんな。
IMGP5485.JPG


こんな橋まであるなんて、すごい神社だね。
みんなで渡れば怖くないよ。
IMGP5487.JPG


ここは本当に東京なのか?
IMGP5506.JPG


ちょっと休憩して。
IMGP5505.JPG

また走り出す!
IMGP5499.JPG


本日のベストショット!
しゅうの背後にいるセイがポイントです。
IMGP5498.JPG

階段の上から、何を見て、何を思う?アンナ?
IMGP5483.JPG


速すぎてブレた!
モコちゃん、ジャーンプ!
IMGP5484.JPG






ニックネーム シュウ at 22:52| Comment(12) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

寝姿特集

ゆっくり寝られるって幸せなことなんだよ。
それにしても、どの子もよく寝てますね。
どんな夢を見ているんだろう?

しゅうくんお得意の扇風機独り占め。
彼の定位置です。
とにかく扇風機大好き!それにしても近すぎないか?
IMGP5179.JPG

えーと昼寝でもしようかな?って布団敷いたら、あっという間に占領された。
タオル地のシーツはワン達も気持ちいいのかな?
IMGP5173.JPG

チャオ君。カットのせいでノラクロみたいだ。
もうすぐ熟睡かな?
IMGP4412.JPG

たたんで重ねておいた布団の上で熟睡中のピノ君。
ふかふかで気持ちがいいね。
うらやましいくらいの熟睡ぶりです。
IMGP4409.JPG

ペックの家を占領して熟睡中のモコちゃん。
実家はウチと違って広いから、もっと広い所で
IMGP4318.JPG


しゅうと顔は見えませんがペック君です。
おじいちゃんと孫なんだけど、実際は2歳しか離れていません。
仲良しだね。
IMGP4277.JPG

セイ君です。
この人は子供の頃から、座ったまま寝るのが得意でしたが、
大人になってもそれは変わらないようです。
よく寝てるな。
IMGP4208.JPG

ニックネーム シュウ at 08:48| Comment(14) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

久しぶりのお献立

最近は、いろいろなワンご飯が紹介されていますね。
なんともきれいで芸術的です。
でもわが家はあくまで実践主義、正真正銘のワンお惣菜です。
ぜんぜん華はありませんが、ワン達はよく食べてくれます。
どうなのよ?みんな?
シャレていた方がいいか?

先日ひさしぶりにサイエンスダイエット買ってきたけど、みんな美味しそうに
食べてたね。。。
手作りじゃなくても、いいんじゃないか?
おまえら?
どうなのよ?

スナギモとキャベツの煮込み。
夏にぴったりのさっぱり感。
IMGP52.JPG


スナギモと麦ご飯。
なかなか好評でした。
IMGP5290.JPG


写真で見るといまいちですが、鶏肉とキャベツ、ジャガイモのトマト煮です。
実際見るともっと美味しそうでしたよ。
IMGP5427.JPG



ニックネーム シュウ at 21:28| Comment(6) | TrackBack(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする