2007年08月22日

セイのこと

ご存知?しゅうの息子です。
まるでプードルのように長い足とスリムな身体、さらにベビーフェイスで
女の子に大人気のわが家一番のモテ男です。
大型犬にもひるまないし、苦境にも弱音を吐かない強い気持ちを持っています。
そんな彼も後ろ足に爆弾を抱えています。
膝が弱いと、いろんな医者に言われてきました。

先日散歩していると・・・
なんと後ろ足がビッコをひいているではありませんか!!
ずっとではありませんが、何歩か歩く度にヒョコ、ヒョコっと右後ろ足をあげます。
普段セイとモコはお互いに身体をぶつけ合うように(犬ゾリみたく)密着して歩きます。
だから気がつきませんでした。
いつからなんだろう?
ここ数日セイに注目していますが、散歩の行きはビッコひくけど帰りは大丈夫そうです。
メロンが落ち着いたと思ったら、今度はセイか・・・。
ひとまず今度の土曜日に診察してもらいます。
いずれ手術が必要になるって言われていたけど、どうなんだろう?
早く診察結果を知りたいです。

結果も心配だけど、手術になったらまたお金がかかる現実・・・。
貧乏人にはこたえるねえ。
みんな、トーチャンがんばるよ!


こちらセイです。
先週、私がバリカンで刈って猛暑対応仕様にしました。
洗うのが楽だ。
SANY0001.JPG


このうるうる目で、女の子を射止めるのでしょうか。
SANY0121.JPG

セイとしゅうです。
親子ですが、体型がまったく違います。
胴長短足でボロニーズらしい体型のしゅうに比べると、セイはトイプードルに近い。
投げ出した足が華奢なのが写真でわかるでしょうか?
SANY0005.JPG


ソファ上の左から、セイ、メロン、モコ。
ソファ下がしゅう。
けっこう仲良しでしょう?
SANY0027.JPG


☆☆☆☆☆☆ ひさしぶりのわんご飯 ☆☆☆☆☆☆

白米、鶏レバー、砂肝、人参、小松菜のおじや風。
出汁とって味つけたらこりゃ人間も食えるな。
SANY0012.JPG


麦と鶏ミンチと人参、茄子に豆腐をくだいて煮込みました。肉豆腐風わんご飯。
SANY0032.JPG


ニックネーム シュウ at 00:27| Comment(8) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セイくんのこと、すごく驚きましたexclamation×2
というのも、2週間前にファーファもトリマーさんから「右後ろ足がおかしい」と言われたばかりだからです。

寝耳に水状態の私が焦ったのを見て、トリマーさんは「私の気のせいかも…」と仰っていましたが、どうも「ビッコひいたり、たまに足を持つとキャンって言ったり」するとのことでした。

7ヶ月お兄さんのセイくんが「いずれ手術が必要」なら、ファーファにもその可能性が無きにしも非ず・・・要観察だわ顔(汗)
セイくんも大したことないと良いですね!
Posted by みみ at 2007年08月22日 12:05
みみさん
ファーファちゃんも「後ろ足がおかしい」って
してきされたのですね。偶然とは思えないタイミングです。
ずっと気にはしていたのですが、現実的にビッコひいているセイを見ると、かわいそうになります。
一方モコの方はまるでウサギのように飛び跳ねてます。同胎でも個体によってずいぶんと違うものです。

ひとまず週末の診察の結果をみたいと思います。
即刻手術ってほどではないと思いますが、
どれくらいの症状なのか?把握しておきたいです。
ぜひファーファちゃんのためにも参考にしてください。なんと言ってもセイとファーファは兄弟ですからね。
Posted by シュウ at 2007年08月22日 20:43
セイ君の足、心配ですね。

以前もお話しましたがうちはルンバが足の関節が仔犬の頃から弱いです。

ルンバの足の関節が悪くなったのは小さい頃サークルに入れて、出してくれ、出してくれとピョンピョン何度も二本足で飛び上がらせていた私の責任、さるんば一号を買った時にも、二本足で立ち上がって外を見たままカートをひいてきた私の責任とずっと思ってきました。

ですがブログで色々なボロちゃんと知り合いになるにつれ、生まれつき足の関節の弱いボロちゃんが何頭もいることが分かりました。

先生に先週末診てもらったところ、今すぐ手術は必要ないと言われていますが、手術することになったらきっぱり今の仕事は辞めてルンバか完治するまでリハビリに励むつもりです。

クリニックの方針を考えると、セイ君も多分いますぐ手術を勧められることはないと思います。

話はかわって、しゅう君、アルミプレートの上で寝てますね〜〜。これが以前お話いただいたことがあったあのアルミプレートなんですか〜。ここは夏のしゅう君の定位置ですか〜?わーい(嬉しい顔)

ご飯、おいしそうですね!シュウさんは砂肝、レバー、軟骨、なんて好きですか。私はこういうものが全く食べられないのですが、ワンたちは大好きですよね〜。麦はどうやって調理されているんですか?
Posted by さるんばママ at 2007年08月22日 20:55
さるんばママさん
私もいろんな人に聞きましたが、関節が弱いというの
は後天的な要因がほとんどだそうですね。
同胎でもモコはご覧になっていただいた通り
ピョンピョン走り回るウサギのような子なのに
セイにはこの症状が出てしまいました。
これまで「いずれ手術が必要になります。」って
何度言われた事か・・・。
今度の通院でセイの足がどんな状況で、どのレベルに
あるのか?どれくらいの見通しで手術を考えれば良い
のか?などを聞いてきたいと思います。

さるんばママさんは、ルンちゃんが手術となったら
会社をお辞めになるおつもりなんですね。
お気持ち、よくわかります。
毎日働いていると、それに慣れてしまって
新しい動きが出来ないこともあるので、
ルンちゃんがその時期を示してくれるかもしれない
ですね。
私もメロンを引き取ることになった時、
「これで私の人生の何かが変わる」って思いました。
まだ動きはないですが。。。

アルミプレートは、みんなの共有です。
早い者勝ち、もしくは、空いていたらキープ、
といったコンサートのチケット予約みたいな
状況です。しゅうは気まぐれなのでいろんな場所を
ウロウロしてます。以前は背の低いタイプの扇風機を
使っていたので、その前が彼の定位置でしたが、
今は空気循環用に背の高い扇風機なので、定位置が
なくなってしまったのです。

私も犬も好みは似ているようで、鶏肉は好きです。
犬達はレバー、砂肝なんかもう大好きですよね。
他の食材もそうですが、麦もただ煮るだけです(笑)
気を使うのは鍋に入れる順番だけです。
炊飯器で炊いてから鍋に投入する事もあります。
大食漢のウチの子たちを満足させるには、
肉と穀物が必要なのです。



Posted by シュウ at 2007年08月23日 10:47
セイ君、心配ですね。NICOと同じ膝蓋骨脱臼なんですね…
セイ君は膝蓋骨が外れても、自分で戻してあとは知らん顔をしてれば、症状としては軽いと思うのですが。
お話を伺った様子では、経過を…ということになりそうでしょうか。
NICOの場合、左は即手術となりましたが、右はグレード2の段階だから、経過を見ることに。以前のようにやんちゃに遊べせてあげられないので、早く手術したほうがNICOのためにはいいのかな〜とか色々考えてしまいます。

我が家は先代の子が7歳過ぎてから、病気の連続で医療費が大変でした。だから、MIYU&NICO,保険に入りました。
はじめは掛け捨て状態で、月2匹分で4000円強を自分で貯金をすればいいのかなとか思ったりしましたが、NICOが眼科にかかったり、膝蓋骨の手術をしたりで、変な言い方ですが、はるかに元は取ってしまいました。保険って、イザと言う時の大きな味方になります。でも5ワンズだと掛け金も大変だなあ〜
Posted by MIYU&NICOママ at 2007年08月25日 11:27
MIYU&NICOママさん
昨日診察してもらいました。
レントゲンを撮ってもらいましたが、
現状ではまださほど深刻ではないそうです。
抗炎症薬を飲ませてみて様子をみることになりました。
私もNICOちゃんの経過をずっと拝見させていただいて
いたので、参考にさせていただきます。

医療費というのは、大きな問題ですね。
ウチは加入していませんが、周りからは勧められます。しかし現実問題、5匹で1万円以上。
1年で10数万円。貧乏家庭にとっては大きな出費
です。考えてはいますが、現実には厳しいかもしれません。全員じゃなくても・・とも思います。
ありがとうございます。
こうした大きな問題が起きないとなかなか考えないので、より考えてみます。






Posted by シュウ at 2007年08月26日 10:43

セイ君の隣にメロンちゃん。
セイ君とモコちゃんは犬ぞりのように、くっついて走るのですね。
やっぱりモテモテなんですね〜
ワンコ食。わたしも、さるんばママさんと同じことを感じました。
砂肝、レバー、軟骨など、自分が苦手なので、ついつい素通りしてましたが、ワンにはやはり、よさそうですね。
「肉と穀物」がポイントですね。
それと麦の事参考にさせていただきます☆

膝の問題(関節、膝蓋骨など)で、わたしは今まで先天的なものだと、頭から思っていました。昨日、ホメオパシー治療に行った時のことです。さかんに聞かれた事は、生後初めてのワクチンをはじめ、幼児期に受けたワクチン、狂犬病接種のことです。
詳しい事は、後日ブログに記したいと思いますが、生後のワクチンが関節に悪影響を及ぼすんだそうです。
そんな事言われたって、もう打っちゃってるんだから、どうすりゃいいのよ!!
ですよね〜まあ、不可解な部分もたくさんあるのですが、当たり前のように接種して来たワクチンを、考え直した方がいいという方向になっちゃって。。。

それと、脱臼手術の際のプレート(金属物)が入ることによって、キララの場合ですが、自らのデトックスが出来づらくなり、それによるストレスも大きく、今は思い切り走り回っていますが、今だに後左足はときどきスキップします。術後何度も検査し、問題なし、ということで今に至っています。ただ、一つだけ言えることは、あの時、手術をしてよかったことです。そうでなければ、現在、このように走り回れなかったと思うし、手術によって、自然に曲がらなくなった右腕でさえ、器用に使いながら、ほとんど曲がらない事を感じさせない走りです。
セイ君。現状ではさほど深刻ではないということですね。「様子を見る」これも、飼い主にとって、忍耐が必要ですよね。
Posted by キララまま at 2007年08月28日 11:57
キララままさん
犬はどんなに可愛くても本来は肉食の動物なので、
ホルモン系の臭いの強い肉は好きです。
値段も安いので、私は重宝しております。
たしかに女性は苦手ですよね。
グロテスクだし。
でも犬にとってはごちそうみたいなので、
もし機会があれば試してみてください。
麦はアレルギーのある子もいるから気をつけて
下さい。白米はアレルギーが少ないから穀物なら
白米の方が良いかもしれません。

膝の問題は、私も医者から先天的なものだと言われていました。そうではないのですね。
セイの場合は、レントゲンでも先天的な異常は見られませんでした。ただ膝関節の一部が痛んでいるかもって程度でした。手術の事も考えて診察に行きましたが、まだまだそのレベルではなかったようです。
たまにビッコをひくけど、元気に走り回っているし、
そんなに痛がっている様子もないので、
ひとまず安心しています。
でもいずれその時がくるかもしれません。
症状にもよりますが、手術が必要なら年齢が若いうちにさせたいとは思ってます。

「様子を見る」って大切ですね。
自然とセイの足に目が行ってしまいますし、
おっしゃる通り、忍耐が必要です。
セイとともに、この膝爆弾がなるべく爆発しないようにしていきたいと思います。
Posted by シュウ at 2007年08月28日 18:21
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1031435
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

北海道夕張メロン
Excerpt: 北海道の夕張メロンは、世界に誇る赤肉メロンの日本を代表する品種です! 赤肉メロンといえばやっぱり夏の北海道夕張メロンが日本で一番有名ですよね。
Weblog: 本当においしいフルーツ
Tracked: 2007-08-22 12:21

鈴木紗理奈、未公開画像流出。結婚前なのにね。
Excerpt: 鈴木紗理奈、未公開画像流出。結婚前なのにね。 鈴木紗理奈ってレズなの? 過激なお蔵入り未公開画像がwinnyで流出です。 鈴木紗理奈 画...
Weblog: 鈴木紗理奈、未公開画像流出。結婚前なのにね。
Tracked: 2007-08-22 13:18

スレンダーシェイパー
Excerpt: テレビでおなじみスレンダーシェイパーでらくらくダイエット
Weblog: スレンダーシェイパー
Tracked: 2007-08-22 14:20