2008年02月14日

社員旅行に行っておりました。

2月9、10、11日の2泊3日で香港に行っておりました。
「まあ楽しそう!」という声が聞こえてきそうですが…とんでもないexclamation×2
わが家には5人の子供達がおります。
近場の方に預かってもらうつもりでしたが、姉が田舎で待ち構えているとのこと。
仕方なく実家に預ける事に。

つまり時系列で言うと・・・
8日(金)仕事終わりで新幹線に飛び乗る。
20:06東京発 21:25清水着。
飯を食べ、犬達を残して、再び東京へ。
9日(土)
深夜2:19静岡発<テレビ業界でいう8日26:19>
早朝5:05東京着。
水天宮6:15発のリムジンバスで成田へ。
そしてフライトは10:00。
行く前にすでにヘトヘト。

香港は10℃ほどで、日本よりは温かったです。
天気は曇り。
SANY0896.JPG


実は10年前に来た事があるのですが、まったく違う国(というか地域)
になっていました。街は近代化され、ジャッキーチェンの映画で見たような
町並みはすでにありませんでした。
SANY0891.JPG


と言いながらも、こんな古めかしい場所もあります。
SANY0904.JPG


こちら「女人街」。
字から想像するといかがわしいように感じますが、
女性物の商品を中心に置いてある闇市のような場所でした。
この辺りも見違えるように近代化されてました。
犬の服もありましたが、1着1500円くらい。
高かったし、デザインも良くなかったので買いませんでした。
(ちなみに韓国は犬服が屋台でいっぱい売っていて、そんなに安くはなかったけど、
可愛いデザインがいっぱいでした。)
SANY0918.JPG


とは言いながらも、街にはこんなお店もまだまだ多数残されています。
SANY0925.JPG


こちら香港の朝マック。
スープパスタに目玉焼きとハンバーグがのっています。
ハンバーグも味がしっかりついていますが、中華っぽい味でした。
味は薄めでしたが、美味しかったです。
SANY0926.JPG


こちらはケーキ。
さすが!ケーキの上の文字は漢字でした。
SANY0927.JPG


そして今回の旅行最大の発見がこちら。
街の至る所にある看板。駅ばりもありました。
ビションでしょうか?ボロニーズでしょうか?
SANY0906.JPG


このポスターは、時計の広告でした。
SANY0914.JPG


携帯は普通に通じたので、途中で実家に連絡して見ると・・・
しゅう、アンナはいつもと変わらず。
セイは姉に溺愛され調子にのってる。
メロンは父にすっかりなつき、甘えている。
そしてモコはふさぎ込んで、テーブルの下から出て来ない・・とのこと。
さすがにコレを聞いた時には、日本へ飛んで帰りたくなりました。

帰国した11日は20時過ぎに成田着だったのでさすがに犬を迎えに行けず、
帰宅して一人で寝ることに。
自宅で一人で寝るのはひさしぶり。
でも犬がいないせいでなかなか寝付けませんでた。
ふだんはうっとおしい時もあるのに、結局自分が犬に依存している事を
再確認できました。

みなさんは長期間、愛犬と離れることになったら、どうでしょうか?

ニックネーム シュウ at 00:34| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シュウさん、ブログネタとしては嬉しいくらい(?)盛りだくさんな3日間でしたね。
というか、驚異的なハードスケジュールに心底驚きました顔(なに〜)
確かに、これでは飛行機機上の人となるまでにヘトヘトになってしまうでしょう。 
お疲れ様でした。。。

時計広告の白いワンちゃん、大収穫ですよ〜Good
あまりの可愛さに、主役の時計が霞んで見えます。
顔をスリスリしたくなるこの子は、ビションかな、ボロニーズかな?
どなたか区別つく方いらっしゃいますか?

私は、初めてファーファをペットホテルに預けた時に見た、彼の悲しそうな顔を忘れる事ができません。
帰りは運転しながら泣きじゃくりました(なら、預けなければ良いのにね〜)。
「家族」というだけでなくて、「心の拠り所」になっちゃっているのかもしれません。
今から数年後の「ペットロス」が思いやられますもうやだ〜(悲しい顔)
Posted by みみ at 2008年02月14日 21:36
みみさん
もうヘトヘトでした(笑)
行かなきゃ良かったと思いました。
静岡から東京へ向う深夜快速は、暑いし狭いし人は多くて
寝られず、さらに飛行機でも寝れなくて、
香港でも人が多いし、一緒に行動した集団は歩きまくるし、とにかく疲れた旅行でした。

この時計広告は心が和みましたが、一方でわが子を
思い出し、さみしくもなりました。
体の大きさから見て、たぶんビションだとは思いますが
ひょっとしてボロニーズか?とも感じます。
ホントどなたか区別つきませんかね??

ペットロス・・・今から思いやられますね。。。
Posted by シュウ at 2008年02月14日 23:55
香港に行って来られたんですね。

会社の社員旅行で海外だなんて、何て豪華な会社なのでしょうか。

私は香港は一度行ってみたい地域です。

現代の香港はジャッキーチェーンの映画のようではなかった、とありますが、シュウさんにとっての「ジャッキーチェーンの映画の香港」はどういう香港でしょうか。

私はジャッキーチェンの映画を初めて見たのは25歳くらいの時だったので、その当時の映画「香港国際警察」の香港は既に今回のブログ記事に出ていたような香港でした。

初めて見たジャッキーチェンのパワフルなアクション、舞台になっている香港、そして広東語の音に惹かれて、それからしばらくは夢中で広東語の勉強をしました。(もうほとんど忘れてしまいましたが。。。)

ところで「世界で一番歩くのが早い」のは「香港人」だそうです。それを聞いたときに私は尚更香港が好きになりました。いかがでしたでしょうか。町行く人はみんな歩くのは速かったでしょうか?

この白い犬、大収穫ですネ。この広告の影響で香港で白い犬が流行るかもしれません。

私はこの犬はピジョンフリーゼだと思います。今、この時計の会社に犬種を問い合わせ中です。返事をくれるとは思いませんが、もし返事が来ましたらお知らせしますね。顔(イヒヒ)

ネットで自分でも調べてみたのですが、中国語ばかりでよく分かりませんでした。ですが分からないながらも「ボロニーズ」より「ピジョン」で調べた方が色々ヒットして、漢字の文字列から推測するに、ピジョンじゃないかというフィーリングを得ました。exclamation

「ボロニーズ」って中国語でなんていうんでしょうかね?私、考えたんですが、「膨毛白仔熊犬」なんてどうでしょうか?(あれ?本当に暇な人って思われたかな?たらーっ(汗)
Posted by さるんばママ at 2008年02月15日 20:35
香港へ行かれたのですねー☆
最初のお写真を拝見した途端、私も昔訪れた日のことを思い出しました。
「女人街」懐かしいー。今もあるんですネ
「男人街」も、健在でしたか?(笑)
香港マックも食べましたよ〜
お話では、香港も10年前と、ずいぶん変わって、近代化したとのこと。
シュウさんが以前訪れた10年程前。丁度
中国に返還される前の年頃だったと、思う
のですが、
中国に返還されても、「香港」は香港の
ままの姿を残し、より近代化されて行った
のですね。あのゴチャゴチャとした道や人間。露店で売られていた、何でもない品が
やたら、可愛くて、ガラクタとは知りつつ
今も、ガラスケースの中で小さな思い出の
品として、大切に残っています。
中華料理はいかがでしたか?やはり美味しかったですか。急に香港に飛んで行きたく
なりました。

このポスター!! ビションかボロニーズか
不明ですけど、すごいインパクトがありま
すねッ香港モードにのって、そのうち
ボロニーズが大人気になるかも(笑)

お留守番のワンちゃんたち。みんなお利口
さんだったのですね。エライなー。
スケジュール的には大変だったかもしれま
せんが、みんな一緒にご実家で過ごせる
なんて、とても恵まれていると思います。
メロンちゃん。お父さまに甘えていた事を
聞いて、とっても嬉しい気持ちになりました。
Posted by キララまま at 2008年02月16日 13:43
さるんばママさん
私にとってのジャッキーチェン映画は、ほとんど初期の
作品ですね。「酔拳」「蛇拳」「龍拳」「笑拳」なんかの拳法シリーズの時です。私は十代でしたので、なけなしのお金でレンタルビデオを借りたり、テレビ放送を
見てました。イメージとしては、土で塗られた壁のお店の店先に出た丸テーブルを大勢の人が囲んで食事をする
感じですね。香港は土地が狭いので、すでに土壁の建物はなくて、背の高いビルばかりでした。(それも大部分はかなり老朽化していました)

『世界一歩くのが速い』のが香港人なのですね〜。
知りませんでした。
私は土日に行ったせいか、繁華街はものすごい人出で
歩くだけでやっとの状態でしたので、歩くスピードを
確認できませんでした。でも地下鉄のエスカレーターは
すごいスピードでしたよ(笑)降りた時に、「おっ」て
びっくりするくらいでした。

時計の広告について、わざわざ調べていただいて
ありがとうございます。体の大きさや犬種としての
メジャー度からいって、みなさんがおっしゃるように
「ビション」だとは思います。
「膨毛白仔熊犬」って漢字、笑えました!
イメージがぴったりです。クヌート君の小さい頃は
まるでボロやビションみたいだな〜って思ってました。


Posted by シュウ at 2008年02月17日 09:25
キララままさん
パスポートによると、私が今のパスポートを取得したのが
1998年。そして期限が切れるのが2008年。
このままいくと、パスポートの記録の最初と最後が香港
という私にとっては何か因縁めいた場所です。
初回の時は、返還直後で九龍城もすでに取り壊されて
いました。ペニンシュラホテルのアフタヌーティーを
食べに行って失望した事を覚えています(笑)

「女人街」「男人街」ともに、相変わらずすごい人
でした。文中でも書きましたが、あまり安さは感じま
せんでした。犬服は100〜200ドル(約1500
〜3000円)。値切ってみましたが、たいして
譲歩せず、かといってそれほど欲しいデザインでも
なかったので買うのを止めました。
露店は女人街、男人街にまとめられていて、
他の地区は、ほとんど日本とかわりませんでした。
屋台に関しては、台湾や韓国の方が楽しめました。
あと、インドや中東の男性がやたら道にいっぱいいて
「ニセモノあるよ〜」って勧誘してくるので、
女性は怖いかもしれませんね。

中華料理は・・・私は個人的には中華街の方が美味しい
と思います(笑)本場はどの料理も塩分が低めなん
ですね。だから日本人の私にとっては物足りなく感じ
ました。私が食べた朝マックメニューが一番人気な
ようですが、ハンバーグは味が濃いめなのに、スープ
は味が薄いって感じでした。
値段が高めの料理屋は全体的に塩気が弱くて、
さすが医食同源の国なので、体にはいいかもねって
料理が多かったようです。
一方でケンタッキーフライドチキンやピザハットに
若者が並んでいて、ちょっとずつ文化が変わっている
ようにも感じました。
(特にケンタッキーは、3人でパーティー用のバケツ
みたいな箱を1箱食べていてビックリしました)
同僚は「セブンアップ」が通じず、注文に苦労して
いました。

今回はメロンが父を中心に母や姉にも心を開いてくれた
事が、とても嬉しい報告でした。
モコは帰国して以来、私から離れず困っています(笑)
Posted by シュウ at 2008年02月17日 12:42
お疲れ様〜〜。私もお正月にロビンを獣医さんに預かってもらったのですが、なんか気が抜けたような、なんとも頼りない気持ちになったもんでありました。
時々「うるさぁ〜〜」とかって思うこともあるのに、勝手なもんです。

膨毛白仔熊犬ですか(さすが、さるんばママさん)、、、私もビジョンだと思いますが、ボロだったらうれしいな。
Posted by ロビンママ at 2008年02月17日 15:33
香港か〜exclamation×2
香港と言えば、やっぱりジャッキーですよねグッド(上向き矢印)
香港映画はよく観たものでするんるん
私はユン・ピョウ派でしたが顔(イヒヒ)

私は海外に一度も行った事がないので、機会があれば行ってみたいなるんるん
他県に行った事も少ないな・・・。
飛行機も東京に行った時に、一度しか乗った事がないしたらーっ(汗)
まさに井の中の蛙かな顔(汗)

愛犬と長い期間離れるのはムリかなバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
私が耐えられないと思います。
ルナの毎日の散歩は欠かせないし、ムッチも私が居ないと小悪魔の様になるらしくて犬(笑)

アンナちゃん、しゅうクン、聖クン、モコちゃん、メロンちゃん犬(足)良く頑張りましたClap
特にモコちゃん、良く我慢したねGoodお父さんに会えなかったぶん、しっかり甘えられたかなるんるん
Posted by イナ at 2008年02月17日 23:34
ロビンママさん
ありがとうございます。
本当に疲れました。
そしてまだ疲れがぬけていません(笑)
今週も仕事や用事が詰まっていて、あまりゆっくり
できず、今週末の日曜日にようやく落ち着けそう
です。
犬がいなくて、急に家が静かになると、とても寂し
くて、自分でもびっくりするくらいでした。
本当に人間って勝手なもんですね〜。

やっぱりビションかな?
でもボロだったら嬉しいですね〜。

Posted by シュウ at 2008年02月18日 17:47
イナさん
イナさんはユンピョウ派でしたか!!!
ジャッキーとユンピョウ、それにサモハンキンポーの
3人は当時の香港映画の象徴でしたね。
香港は10代の頃に行きたかったな〜と思いました。

広島でしたよね?私の以前つきあっていた人は
江田島出身でした。広島にはプライベートで2回、
仕事で1回行きました。犬がいるとなかなか出かける
ことはできませんよね。
私はあまり海外が好きではないので、会社の行事で
なければあまり行きたくない、というのが本音です。

モコは、ずっと家にいる間私にべったりくっついて
います。可愛いんですけど・・・
けっこう疲れます(笑)

その後ムッチちゃんの体調はいかがでしょうか?

Posted by シュウ at 2008年02月18日 20:40
おかえりなさーい!!
ご実家に行って帰っての、そしてまたお迎えの社員旅行お疲れさまでした。
でもワンちゃん達は、ご実家でのお留守番が一番精神衛生上よかったでしょうね〜
モコちゃんは、やっぱり恋人シュウさんがいないと寂しくて寂しくて…だったのですね。

ご当地マックを召上ったのですね。以前TVでご当地マックを食べる旅番組をやっていて、各国それぞれのマックの味を興味深く見たことを思い出しました。
スープパスタに目玉焼きとハンバーグがのっているのは、中華っぽくないけど、味が中華だった…複雑な味ですね。笑。

わたしも先代の子の時からずっと一緒に寝ています。一緒に寝ない日は楽だけど、やはり落ち着きませんね。
先代の子が亡くなった時、蒲団に染み付いた先代の子の重さがなくなって、夜寝る時にああ、本当にいなくなってしまったのだと、一番寂しさを感じました。同じくらいの大きさのぬいぐるみを買って一緒に寝ていたのですよ。犬を飼ったことがない方がみたら、理解できない行為でしょうね…
Posted by MIYU&NICOママ at 2008年02月18日 22:46
MIYU&NICOママさん
ただいまです〜。
今回は早朝集合だったので、犬はどうしようか、
いろいろ考えました。成田の近くで安めのペット
ホテルもネットで見てみましたが・・・
「ここに預けるのは、可哀想だな」って部屋でしたし、知人に預けるにしても5匹全員は難しくて
悩んでいる間に時間は経って行き、「ま、実家で
いいか」ということになりました。3連休で姉が暇
していた事もあったので。
結果、全員毛玉がなくなり、足がお散歩カットに
なり、身体がキレイになっていました。
(トリミングにだした訳じゃないですよ笑)
山にも散歩に行き、雪で遊んだようです。
その時も、モコだけ山道に入らず車に戻ってしまい
困ったそうです。きっと私を捜していたのではないか
と思うと切なくなります。

ご当地マックを食べる番組をやっていたなんて、
知りませんでした。2泊3日だったのですが、
2日めの朝はお粥を食べました。3日めもそうする
予定だったのですが、お店がわからなくなり、マック
に入ったのでした。このスープパスタは19ドル
(約300円弱)、私が入ったお店では一番人気
でしたよ。中華っぽい味付けのハンバーグに、塩味
だけのスープと言う微妙な1品でした(笑)

私にとって犬と一緒に寝る事が、至福の喜びです。
犬の重さって、わかります。
私は一人で犬を飼うのが初めてなのですが、
犬のぬくもりって、優しくて心地よいですよね。
先代の子のお話、痛いほどわかります。
あ〜、考えただけで、哀しくなってきます。。。
Posted by シュウ at 2008年02月19日 12:18
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1291430
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック